彼女に掃除してもらった汚い部屋

私は大学時代に一人暮らしをしていましたがとにかく整理整頓、掃除が苦手でワンルームマンションながらもとんでもなく大きなものが散らばっていて足の踏み場もないとは正しくこの状態を指すと言う状態でした。母親もたまに様子見に来てくれていましたがさすがに愛想つかして大学時代は好きなようにしなさいと匙を投げられた次第です。そんな私の家がきれいになった出来事、それは同じく一人暮らしの彼女ができたことです。同じマンションに住んでいた彼女は足繁く、部屋に通ってくれることになりました。最初は私も部屋を見られるのが嫌だったし、彼女も家に上がるのが嫌だったのですが少しずつ私の部屋をきれいにすることに生き甲斐を覚えるようになりました。 3ヶ月も経った頃には信じられない位のきれいな部屋に変わっていました。それ以来、私も彼女と一緒に付き合っている以上は部屋をきれいにすることが彼女への愛情の証だと考えるようになり整理整頓、掃除を自分自身できれいにするようになりました。