不用品処分にかかる費用の罠

3月中旬、転職により実家への引越しが決まったため冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどの不用品処分が必要になりました。

不用品処分が伴う引越しは初めてだったのでネットで調べ、「TVでも紹介されました!口コミサイトの評価No. 1!」と書かれていた不用品回収業者にメールで見積もりを送ってもらい1.5万円から2万円くらいとのことだったので、まぁこんなもんかなと思い日程を決めました。

引越しで不用品を処分 05

そして迎えた回収日当日。

処分品以外は全て実家に送り業者が来るのを待っていました。

指定した1時間後に業者の方が到着し、実際の処分品をスマートフォンで撮影したり目分量での見積もりをして費用を算出してもらいました。

が、その金額はなんと当初頂いていた見積もりの4倍の6万円だったのです。
詳しく話を聞くと冷蔵庫と洗濯機は重量的に1台の軽トラックには乗せられないので少なくとも2台必要なこと、冷蔵庫や洗濯機などはリサイクル法でリサイクル料金がかかること、ベッドマットは載せるために解体が必要なことが6万円にもなる理由だと伝えられました。
いくらなんでも4倍は払えないと伝えると「いくらだと思ってましたか?」と。

当初送ってもらった見積もりのことを伝えると呆れたように「そんなにお金かけたくないなら自分で処分したらどうっすか?」と言われて「自分じゃ出来ないから依頼したんじゃないか」と怒りながらも相見積もりや他にかかる費用について聞かなかったことを反省し、キャンセルをお願いしました。

その後焦りながら他の業者に電話をかけ、今日これから来てくれる業者を探したのですが、平日とはいえさすがに引越しシーズン。

なかなか業社が見つからず、5社目でやっと来てくれる業社が見つかりました。反省を活かしリサイクル料金や別途かかる費用を聞くと「全部込みで1.7万です」とのこと。

今冷静に考えると高い気もするのですがその時は藁にも縋る思いで回収をお願いをしました。
30分で来てくれ、特に見積もりもせず予定通り1.7万円を払うとあっという間に回収してくれました。

一時はどうなるかと思った不用品処分ですが、冷静に考えられる自分がいてよかったと思います。
相場を知らないことと処分出来ないと退去の日程に間に合わないことから多少高額でも払ってしまう人も多いのだと思います。

わざと高額な費用を請求する業者も増えていて消費者センターにも今問い合わせが殺到しているそうです。

これからはネット検索で上位のサイトでも信用せずに相見積もりを取ることとなるべく市の粗大ゴミ回収などを利用して余分な費用をかけないようにしようと誓いました。

キャンセル無料な業者も多いので、少しでも怪しいと思ったらキャンセルする勇気を持ちましょう。