引越しでの粗大ごみの処分方法について

不用品を処分する最大の機会は、引越しではないかと思います。

長年住み慣れた賃貸マンションを離れる時には、持っていても使いそうにないものはなるべく捨てるという方針で、様々な物を思い切って処分しました。
小型のキャビネットや古い敷布団など、かなりの粗大ごみも出ました。

市のごみ収集で粗大ごみを出せるのは月に1度だけなので、早めに申し込まないと引越しに間に合わないこともあるそうです。

引越しが決まるとすぐに申し込みましたが、処分に困ったのがタンスとベッドでした。
市の粗大ごみ収集では、ごみ捨て場まで自分で運ばなければいけないのです。

素人が運んでケガでもしたら大変です。

業者に処分を頼むとかなりの金額になります。

どうしたものか迷っていた時に、引越し業者に頼むとオプションで粗大ごみの処分もしてくれるとわかり、スムーズに解決しました。タンスやベッドも引越し直前まで使えるので助かります。
とはいえ、引越し直前にもかなりのごみが出て、特に不燃ごみは収集日が月2回だけなので、引越し先まで運ぶこととなりました。