知人のゴミ屋敷の掃除を完遂

知人の家を掃除したことがあるのですがさすがに人に掃除を手伝ってほしいというくらいには汚かったので、まずはそのまま捨てることができるものとそうでないものというのに確実に分けて、普通ゴミとして捨てられるものをまずは躊躇うことなく捨てていくということにしました。いっそのことプロに頼んだ方が良いのではというようなレベルではあったのですが捨てることにためらいがないのであれば実際問題として捨てることにはそんなに手間がかかるわけではありませんでした。但し、そこそこ大きなゴミ袋の20個分ぐらいにはなってしまったのでゴミとして一度に回収はできないと言われて分割して出すようにということを言われました。最終的にはきれいにすることができましたから問題はなかったのですが、思った以上に虫が沸いてこなかった、ということはよかったと思ったところでした。生ゴミがそんなになかったのであまり虫が沸くというような状態ではなかったのでしょう。